FC2ブログ

賭け率の変化・・・3

賭け率を変化させることで(儲けを大きく)(損害を小さく)することを考えているのだが、損害を小さくといってもやはり損害は出るので、ゼロにはしにくい。 しかし限りなくゼロに近づける努力が大切だ。
 
 これを損害をゼロにしようと考えるとかえって傷口を広げる結果になりやすい。だから傷が出そうなものは(小さく)、儲けが出そうなものは(大きく)賭けることを考えるほうが、結果は(儲けを大きく)(損害を小さく)になりやすい。と思うのだ。

これは取引と考えず、事業と考えれば収益を見込める商売と、見込めない商売なら誰でも見込める商売を拡大するだろう。これは銘柄にも、売り買いのポジションにもあてはまるが、賭け率の変化にもっともあてはまるだろう。
 たくさん買って儲かった。反対がたくさん買って大損した。ということになるからだ。
損害を借金と置き換えるなら、小さい借金しか計画的に返済出来ないわけで、大きな取引は出来ない理屈になる。
返せる借金で考えるとローンの返済が思い浮かぶが、これは小さい返済で大きな買い物をするときに使う。このことで思い浮かぶのは、小さい賭け金のものは損金を決めておく。ということで、逆に大きな賭け金のものは利益を大きく伸ばす。
 つまり借金の反対で、貸し手は大きく貸したほうが利息が大きい。という事に置き換えられる。だから確実に返済してくれる相手にしか大きく貸さないわけで、相手をよく見極めるのだ。

もう少し賭け率を変化させることについて考えてみたい。

 にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
↑      ↑     
応援クリックお願いします。




               商品取引員 日本商品先物取引協会会員
                    第一商品株式会社  広島支店
スポンサーサイト



賭け率の変化・・・2

賭け率を変化させることで(儲けを大きく)(損害を小さく)すれば勝ち逃げしやすい状況をつくれないか考えてみたが、勝ちのリズムに乗っているときに賭け率を小さくしていいのか?という事に思いあたる。
(儲けを大きく)という点で、当然大きく賭けている人との差は出てくる。しかし人は関係ない。問題は自分の利益率が自分の投下資金に見合っているかと、やり方が続けやすいかだ。

あと(儲けを大きく)という点では利幅を稼ぐという考えもある。思ってもない変動で良い方向に動き出したときに賭け金が出る分以外を残し、(例えば半分を利食いあとは利幅がどこまであるか伸ばしてみる等。)利益幅を大きくしておけば結果的に有利になる。負けそうになっても(勝ち逃げ)しやすい。

相場には魔力があるという。それは魅入られるように買っていくときに起こる。魅入られるように買うとそれがさらに利益になり延々と繰り返される。そこでまだいけるのでは?となるが、その魔力を払う呪文が(勝ち逃げする)という言葉になる。

 にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
↑      ↑     
応援クリックお願いします。




               商品取引員 日本商品先物取引協会会員
                    第一商品株式会社  広島支店


賭け率の変化

(儲けを大きく)(損害を小さく)すれば勝ち逃げしやすいわけだが、そうならないとしたら、その理由はなんだろうか?単純に考えれば(儲けが小さく)(損害が大きい)からだが、それだけでない理由が考えられる。

投機にかかわらず投資でも賭け事でも儲かっているときは気分もよい、ついつい大きくはっていきがちだ。しかしそこで損害が出ると、儲け以上に損してた。。。。となるケースは以外に多いと思われる。

ではそれを回避するにはどうすればよいのか?
ひとつには気分がよくなるほどに小さくはっていく方法だ。そして小さい玉が損して気分が悪くなって損切りし被害を小さくしながら、さらに小さくして最高に気分が悪くなってきたらストックしている分で大きく賭ければ、大きく儲けを出せるタイミングかもしれない。

もうひとつは儲かっても気分を良くしない。ということで賭け率を常に一定に保つことだが、これは考える以上に難しい。人間はどうしても感情に左右される動物だからだ。しかも賭け率を常に一定に保ったとしても、値幅で儲けより損額を大きくするリスクは出るから、勝ち逃げしやすいとはいえない。

さらに次で他の面を考えてみる。

 にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
↑      ↑     
応援クリックお願いします。




               商品取引員 日本商品先物取引協会会員
                    第一商品株式会社  広島支店


売りサイクルどこまで?

あいかわらず買いと思えば下げ、上げと思えば下げと忙しいが、そろそろ一方向への動きになってきそうだ。
白金を指標にしているが、大きなペナント形成も終盤で、明日以降動いた方向にひきづられていきそうだ。
サイクル的にはまだ売りサイクルだが需給リポート次第では大きく値を上げるきっかけになってもおかしくない。来週からの動きを占いたい。

 にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
↑      ↑     
応援クリックお願いします。

※当情報は、投資のご参考にされる事を目的としており、相場の見通しの確実性を保証するものではありません。最終的な判断はお客様ご自身で行われますようお願い致します。
※商品先物取引は、元本及び利益が保証されるものではなく、取引額が取引証拠金に比べ最大でおよそ40倍と大きいため、損失の額が取引証拠金の額を上回るリスクもあります。又、相場変動や日数の経過により追加預託が必要になる場合もあります。
※取引証拠金の額は一枚当たり最高で150,000円(期先)、手数料は一枚当り最高で18270円(税込)となりますが、こちらも相場の変動により変更される場合があります。詳しくはその都度ご確認ください。
※当社の企業情報は本・支店ほか、日本商品先物取引協会でご覧になれます。
※当社お客様相談窓口(東京・本社)0120-770-266、日本商品先物取引協会相談センター(東京本部)03-3664-6243




               商品取引員 日本商品先物取引協会会員
                    第一商品株式会社  広島支店

勝ち逃げについて考える

 相場を当てる努力や運用法等は大事だが、それ以上に大切だと思うのは、利食いの状態で取引を終了すること。簡単に言えば、(勝ち逃げ)することだろう。
 そういった意味ではバクチと相場は考え方は共通すると思う。負けがこんでて止められない話しはわかりやすいと思うが、儲けていてやめられない話しもある。もっと儲けたい欲望だ。
 どこで、(勝ち逃げ)る。かの見極めはとても重要だと考える。
だいたい最高の儲けの状態は逃げるタイミングを逸してしまいがちだ。
 しかし冷静に考えれば損してやめるより儲けてやめるほうがはるかにいいわけだが、その最中はそうは思わないのも人情でそこを機械的に(勝ち逃げ)出来る人はあまりいないだろう。
 ではどうすれば負けがこんでやめないようにしたり、(勝ち逃げ)できるのか?これから考えてみたい。

 にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
↑      ↑     
応援クリックお願いします。




               商品取引員 日本商品先物取引協会会員
                    第一商品株式会社  広島支店

あいかわらず。。。。

全体に浮き沈みの激しい動きだ。
まだ方向性がはっきりしていないが、明日の動きを読もうとするより自分のポジションにそった資金計画で、玉を整理しつついずれ来る大きな動きに備えたほうが賢明と考える。
今だ売りサイクルから抜けていないことが今日の動きで分かる。
自分は銘柄の指標を白金に置いているが、いずれも似たような動きで、計画的に玉を配分できる人か、朱雀型のドテン売買が出来る人が生き残りそうだ。。。。。

 にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
↑      ↑     
応援クリックお願いします。


セミナーのお知らせ

明日は広島支店でもセミナーを開催します。入場は無料となっていますので、近隣の方はどうぞご自由に起こしください。
 東京のセミナーの模様をテレビ中継します。
また支店の推奨銘柄を解説しながら、皆様のお役に立てればと思っていますので、左の広島支店ホームより詳しくはご覧下さい。 (他の地域の方はお近くの支店にお問い合わせください。)
 皆様のお越しを社員一同心よりお待ちしています。


 にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
↑      ↑     
応援クリックお願いします。

タイプ別アプローチ・・・・1

投資家には買いが主体の人と、売りを主体にやっている人がいる。両方ともという人もいるが、全体に買いで考えている人の割合が多いと思う。
また、中期や長期で買う人と、短期で極端にはデイトレードでという人がいて、千差万別だ。

一般に日本人は農耕民族なのでアングロサクソンの狩猟型でなく、育てようとする感覚があり悪くすると刈り入れの時期にもかかわらず、熟しすぎて実が落ちた。みたいになっていることも多い。

商品先物は時期が区切られているのでいずれはその玉は仕舞わなければならない。農作物に四季のめぐりがあるようにその相場サイクルに合わせた取組方をしないとおいしく収穫できない。

自分は狩猟型だと感じる人は獲物を捕獲しすぎる愚作をせず、次の猟場に行くか、獲物が増えるのを待つという発想が大切になるだろう。

主に狩猟型の場合目標の狩りが成功すれば仕事は終わりなので、それ以上の狩りは自制したほうが次の時もうまくいきやすいと思う。

たまに学者タイプの人がいて実験している人がいる。実験は成功と失敗とに分かれるのだが、その場合は試験管を振るように実験データ?と数値を照らし合わせてあくまでも論理的に、かつ条件を変えながらその変化をよい結果にしていく作業だ。だから当然テクニカルとサイクルの関係を考えてそれに徹底していく。

あと格闘技などに置き換えて考えるのも面白い。

 にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
↑      ↑     
応援クリックお願いします。

円高か?

0414ennd


ドル/円のスポットチャートです。
チャートから見ると円高のサイクルに入っている流れです。

商品はドル安の海外高で動くかどうか?が今週の気になる動きです。白金はやはり大きく下げました。
パラは案外強い動きで下げ渋りました。明日も白金が大きく下げるなら他の商品も買いは様子見がいいと考える。。

一度売りサイクルなら10日くらいは戻り売りを警戒ではないか。

 にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
↑      ↑     
応援クリックお願いします。

※当情報は、投資のご参考にされる事を目的としており、相場の見通しの確実性を保証するものではありません。最終的な判断はお客様ご自身で行われますようお願い致します。
※商品先物取引は、元本及び利益が保証されるものではなく、取引額が取引証拠金に比べ最大でおよそ40倍と大きいため、損失の額が取引証拠金の額を上回るリスクもあります。又、相場変動や日数の経過により追加預託が必要になる場合もあります。
※取引証拠金の額は一枚当たり最高で150,000円(期先)、手数料は一枚当り最高で18270円(税込)となりますが、こちらも相場の変動により変更される場合があります。詳しくはその都度ご確認ください。
※当社の企業情報は本・支店ほか、日本商品先物取引協会でご覧になれます。
※当社お客様相談窓口(東京・本社)0120-770-266、日本商品先物取引協会相談センター(東京本部)03-3664-6243




               商品取引員 日本商品先物取引協会会員
                    第一商品株式会社  広島支店

来週は。。。。

0411pt

白金のチャートです。
サイクルは売りになるかも。。。。というところで、買い玉は少し減らし目がいいと考える。海外が上げてきたらファンドが再投資の動きかもしれない。

 他商品は、あいかわらずはっきりしない動きはしているが、やはりファンドが再投資の動きでひょっとすると来週からは大きく上昇の銘柄が出てくるのではないか?
特にパラジウムは今日も引け際に強さを感じさせる動きに見えた。
為替の円安が加われば思わぬ高値かもしれない。

G7の材料後は金融の安定を連想させドル買いが起きやすいかもしれない。サイクル的には円高へチェンジの時期なので注意しつつ押し目ねらいがよいと考える。

 にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
↑      ↑     
応援クリックお願いします。

※当情報は、投資のご参考にされる事を目的としており、相場の見通しの確実性を保証するものではありません。最終的な判断はお客様ご自身で行われますようお願い致します。
※商品先物取引は、元本及び利益が保証されるものではなく、取引額が取引証拠金に比べ最大でおよそ40倍と大きいため、損失の額が取引証拠金の額を上回るリスクもあります。又、相場変動や日数の経過により追加預託が必要になる場合もあります。
※取引証拠金の額は一枚当たり最高で150,000円(期先)、手数料は一枚当り最高で18270円(税込)となりますが、こちらも相場の変動により変更される場合があります。詳しくはその都度ご確認ください。
※当社の企業情報は本・支店ほか、日本商品先物取引協会でご覧になれます。
※当社お客様相談窓口(東京・本社)0120-770-266、日本商品先物取引協会相談センター(東京本部)03-3664-6243




               商品取引員 日本商品先物取引協会会員
                    第一商品株式会社  広島支店


強さと向上心

相場道場ということでブログを書いていますが、何のために道場があるかを考えると「強くなること」と、「向上するため」という2点が思い浮かぶ。

いったいどれだけの人の役に立っているかは分からないが、この点を意識して書いていこうと思う。

相場で勝つための技術だけだなく、相場に勝つ人でプラス向上できるというキーワードを考えたい。

同じ戦争でも英雄と独裁者が違うように、覇道でなく王道とは?を考えてみたいと思うのです。

そのためのヒントが兵法学や東洋の思想にはあると思う。

再度下落?

明日のG7を控え商品が下げた。
金は3000円をまたしても割れこんだ。各商品のMACDを見ても目先調整するようにも見える。
上げと見せて下げ。下げと見せて上げ。は朱雀相場の常とう。。。。とは言えここは充分に余力を持って自分の方向感を決めて取り組むところだろう。

いずれボックスめいた相場の後でいっきょに動き出すだろうから。

 にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
↑      ↑     
応援クリックお願いします。

※当情報は、投資のご参考にされる事を目的としており、相場の見通しの確実性を保証するものではありません。最終的な判断はお客様ご自身で行われますようお願い致します。
※商品先物取引は、元本及び利益が保証されるものではなく、取引額が取引証拠金に比べ最大でおよそ40倍と大きいため、損失の額が取引証拠金の額を上回るリスクもあります。又、相場変動や日数の経過により追加預託が必要になる場合もあります。
※取引証拠金の額は一枚当たり最高で150,000円(期先)、手数料は一枚当り最高で18270円(税込)となりますが、こちらも相場の変動により変更される場合があります。詳しくはその都度ご確認ください。
※当社の企業情報は本・支店ほか、日本商品先物取引協会でご覧になれます。
※当社お客様相談窓口(東京・本社)0120-770-266、日本商品先物取引協会相談センター(東京本部)03-3664-6243




               商品取引員 日本商品先物取引協会会員
                    第一商品株式会社  広島支店

コンドラチェフ・サイクル・・・ 安定資産『金』 27

コンドラチェフ・サイクルをご存知だろうか?公定歩合及び景気は約60年サイクルで動いている。
正確には59年で前回のボトムが1945年の3.29%で今回は2003年に0.10%をつけた。その前のサイクルでは1887年の5.48%だ。

まず商品が上昇し、次に株が、三番目に金利が上がり、最後は景気拡大につれて土地が上がりだす流れで、これから最低でも20年間はこのサイクルが続く理屈になる。

これからインフレの時代となるなれば当然『金』 は物価にスライドしていく安定資産になり得る。日本ではドル安円高で前回のような6000円を越える価格がついていないが、逆に考えるならばまだ半値で買えるとも言え、日本人にはチャンスが続いているということになろう。

高くなったと思うか?、まだまだ安いと考えるか?これから明暗がはっきりしてくるだろう。

第一商品(株)広島支店でも、店頭での金地金(きんじがね)購入が可能です。
買い方等は下の入り口で一度チェックしてみてください。
    ↓    ↓

tishiki

   ↑     ↑
クリックしてみて下さい。
金について詳しくなります。地金商との比較や、地金保有のメリット、データーなどをまとめてみました。
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
↑      ↑     
応援クリックお願いします。

※当情報は、投資のご参考にされる事を目的としており、相場の見通しの確実性を保証するものではありません。最終的な判断はお客様ご自身で行われますようお願い致します。
※商品先物取引は、元本及び利益が保証されるものではなく、取引額が取引証拠金に比べ最大でおよそ40倍と大きいため、損失の額が取引証拠金の額を上回るリスクもあります。又、相場変動や日数の経過により追加預託が必要になる場合もあります。
※取引証拠金の額は一枚当たり最高で150,000円(期先)、手数料は一枚当り最高で18270円(税込)となりますが、こちらも相場の変動により変更される場合があります。詳しくはその都度ご確認ください。
※当社の企業情報は本・支店ほか、日本商品先物取引協会でご覧になれます。
※当社お客様相談窓口(東京・本社)0120-770-266、日本商品先物取引協会相談センター(東京本部)03-3664-6243




               商品取引員 日本商品先物取引協会会員
                    第一商品株式会社  広島支店

ダブル底

一般にダブル底がつくと上げるサインと言われる。
現在、日足でダブル底と見える銘柄がいくつかあるが、その値位置は様々だ。

どの銘柄も調整あとで売り込む力も強いが今月の中で安値になって上昇の流れに入ると考えたい。

 にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
↑      ↑     
応援クリックお願いします。

※当情報は、投資のご参考にされる事を目的としており、相場の見通しの確実性を保証するものではありません。最終的な判断はお客様ご自身で行われますようお願い致します。
※商品先物取引は、元本及び利益が保証されるものではなく、取引額が取引証拠金に比べ最大でおよそ40倍と大きいため、損失の額が取引証拠金の額を上回るリスクもあります。又、相場変動や日数の経過により追加預託が必要になる場合もあります。
※取引証拠金の額は一枚当たり最高で150,000円(期先)、手数料は一枚当り最高で18270円(税込)となりますが、こちらも相場の変動により変更される場合があります。詳しくはその都度ご確認ください。
※当社の企業情報は本・支店ほか、日本商品先物取引協会でご覧になれます。
※当社お客様相談窓口(東京・本社)0120-770-266、日本商品先物取引協会相談センター(東京本部)03-3664-6243




               商品取引員 日本商品先物取引協会会員
                    第一商品株式会社  広島支店

円・ドル相場の動向は?

0404en


ドル/円のスポットチャートです。
完全に円高ドル安のトレンドとなっているが、チャート上は戻りのめどとなっている。ドルが買い戻されている感じだ。
アメリカではインフレ懸念も出て、景気の後退もささやかれており、大統領選の予備選も民主の泥試合で混迷を誘う。だいたい大統領選の年は円高という事を考えても、昨年から予想している流れになってきている。

円安サイクルが半月というのも気になる。来週のドル高があれば注意が必要と考える。

 にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
↑      ↑     
応援クリックお願いします。

※当情報は、投資のご参考にされる事を目的としており、相場の見通しの確実性を保証するものではありません。最終的な判断はお客様ご自身で行われますようお願い致します。
※商品先物取引は、元本及び利益が保証されるものではなく、取引額が取引証拠金に比べ最大でおよそ40倍と大きいため、損失の額が取引証拠金の額を上回るリスクもあります。又、相場変動や日数の経過により追加預託が必要になる場合もあります。
※取引証拠金の額は一枚当たり最高で150,000円(期先)、手数料は一枚当り最高で18270円(税込)となりますが、こちらも相場の変動により変更される場合があります。詳しくはその都度ご確認ください。
※当社の企業情報は本・支店ほか、日本商品先物取引協会でご覧になれます。
※当社お客様相談窓口(東京・本社)0120-770-266、日本商品先物取引協会相談センター(東京本部)03-3664-6243




               商品取引員 日本商品先物取引協会会員
                    第一商品株式会社  広島支店

五教法から  孫ビン兵法

孫ビン兵法の中に五教法というのがある。福田氏の訳によれば

1[編成の仕方]を教練するのが1つ、
2行軍において行うべきこと[行軍の仕方]を教練するのが1つ、
3軍隊において処理すべきこと[駐屯の仕方]を教練するのが1つ、
4陣地において処理すべきこと[布陣の仕方]を教練するのが1つ、
5隠れていて互いに見えないときに戦いを有利に導くこと[隠密行動の仕方]を教練するのが1つです。
 
となっている。

兵士に教練をするのは国家にとって必須であるが、これはこのまま運用の良し悪しにつながる。すでに書いてきた十陣では各シチュエーションにあったポジション取りを考えてみたが、ここでは直接戦うことばかりでなく[駐屯の仕方][隠密行動の仕方]等について言及されている。
確かに相場はポジションを持っていないときのあり方に重要な点があり、ここを押さえるだけでかなり違った運用となるだろう。

参考※もうひとつの「孫子の兵法」 孫ビン に学ぶ勝つ極意
PHP文庫 
福田晃市/著
もうひとつの孫子の兵法

 にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
↑      ↑     
応援クリックお願いします。

※当情報は、投資のご参考にされる事を目的としており、相場の見通しの確実性を保証するものではありません。最終的な判断はお客様ご自身で行われますようお願い致します。
※商品先物取引は、元本及び利益が保証されるものではなく、取引額が取引証拠金に比べ最大でおよそ40倍と大きいため、損失の額が取引証拠金の額を上回るリスクもあります。又、相場変動や日数の経過により追加預託が必要になる場合もあります。
※取引証拠金の額は一枚当たり最高で150,000円(期先)、手数料は一枚当り最高で18270円(税込)となりますが、こちらも相場の変動により変更される場合があります。詳しくはその都度ご確認ください。
※当社の企業情報は本・支店ほか、日本商品先物取引協会でご覧になれます。
※当社お客様相談窓口(東京・本社)0120-770-266、日本商品先物取引協会相談センター(東京本部)03-3664-6243




               商品取引員 日本商品先物取引協会会員
                    第一商品株式会社  広島支店

金どうなる?調整の『金』 26

0402g

世の中はガソリン小売は下がって、諸物価はインフレで値上げ?といった変な事になっているが、金は買われすぎの反動で国内外とも調整中だ。
 チャートは200平均線と金の日足です。
平均線を意識する動きになっているが、このようなケースでは平均価格を下回ってから回復というのが過去のパターンに多い。

2750?2800円までの資金配分でかかれば買いで頑張れそう。資金が手薄ならば今週の戻りで売り玉仕込みもありでは?市場はセンチメントになっているので、急落に対応できるポジション取りが大切だ。

海外では900ドル割れており実需の買いも期待したいところだが、ファンドが売れば下がってくるのでサイクル的にまだ2?3週間は買い方の期待が裏切られやすいと考える。

金を地金で考えている人にとってはいい買い場が来たのではないでしょうか?

第一商品(株)広島支店でも、店頭での金地金(きんじがね)購入が可能です。
買い方等は下の入り口で一度チェックしてみてください。
    ↓    ↓

tishiki

   ↑     ↑
クリックしてみて下さい。
金について詳しくなります。地金商との比較や、地金保有のメリット、データーなどをまとめてみました。
にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
↑      ↑     
応援クリックお願いします。

※当情報は、投資のご参考にされる事を目的としており、相場の見通しの確実性を保証するものではありません。最終的な判断はお客様ご自身で行われますようお願い致します。
※商品先物取引は、元本及び利益が保証されるものではなく、取引額が取引証拠金に比べ最大でおよそ40倍と大きいため、損失の額が取引証拠金の額を上回るリスクもあります。又、相場変動や日数の経過により追加預託が必要になる場合もあります。
※取引証拠金の額は一枚当たり最高で150,000円(期先)、手数料は一枚当り最高で18270円(税込)となりますが、こちらも相場の変動により変更される場合があります。詳しくはその都度ご確認ください。
※当社の企業情報は本・支店ほか、日本商品先物取引協会でご覧になれます。
※当社お客様相談窓口(東京・本社)0120-770-266、日本商品先物取引協会相談センター(東京本部)03-3664-6243




               商品取引員 日本商品先物取引協会会員
                    第一商品株式会社  広島支店

プロフィール

hiroshima

Author:hiroshima
商品取引員 
日本商品先物取引協会会員
第一商品株式会社 広島支店
hi</p></dd>
		<dd style=

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
注意事項
※当ブログで提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。 掲載内容については、相場の見通しの確実性を保証するものではありません。 投資される場合は投資家の皆様ご自身の判断と責任にてお願い致します。
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -