FC2ブログ

中国の金買い?

中国が金を4000トン買うという話しが出ている。IMFが金を売却すると金が下がるといっても、中国の話しが本当なら、逆に価格は跳ね上がるだろう。
外貨でドルを一番保有している中国だから、通貨の変動リスクから身を守るためというのは最っともだ。
ただ、単なるリスク回避だけで突然4000トンもの金 を買う話しになるだろうか?
もっと根本的に世界で根底から変る何かが起こっているとしたら。。。。。

突然ドルや、ユーロが紙くずになったら(円はどうなるのか?)そんな国自体が借金を踏み倒すような世界的談合が起きているとしたら。。。。。

個人でこれに対抗できるのは金保有の答えがでるのでは?

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
↑      ↑     
応援クリックお願いします。 
※当情報は、投資のご参考にされる事を目的としており、相場の見通しの確実性を保証するものではありません。最終的な判断はお客様ご自身で行われますようお願い致します。
※商品先物取引は、元本及び利益が保証されるものではなく、取引額が取引証拠金に比べ最高でおよそ40倍と大きいため、損失額が取引証拠金の額を上回るリスクもあります。
※取引証拠金の額は一枚当たり18,000円から210,000円となります。但し、その後の相場変動によって追加預託が必要になる事もありますので注意が必要です。又、手数料は一枚当り最高で18,270円(税込)となりますが、こちらも相場の変動により変更される場合もあります。
※当社の企業情報は当社本・支店ほか、日本商品先物取引協会でご覧になれます。
※当社お客様相談窓口(東京)0120-770-266、日本商品先物取引協会相談センター(東京)03-3664-6243




               商品取引員 日本商品先物取引協会会員
                    第一商品株式会社  広島支店
スポンサーサイト



三国時代

映画 レッドクリフを見てきた。けっこう良く出来た映画だった。
舞台の中国、三国時代は、漢王朝の力も衰え諸侯が乱立し、魏・呉・蜀が覇権をかけて攻防を繰り返すわけだが、これを通貨でドル・ユーロ・円の三つに置き換え考えると面白い。

歴史的には三国時代はあっさりと終わり、司馬氏が魏をのっとる形で新王朝、晋を作るわけだが、攻防の果てに新通貨誕生!みたいな未来が待っているとか。。。。。笑い事でないドルの暴落が起きるかもしれない。

金は三国時代も今も価値ある資産だ。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
↑      ↑     
応援クリックお願いします。 
※当情報は、投資のご参考にされる事を目的としており、相場の見通しの確実性を保証するものではありません。最終的な判断はお客様ご自身で行われますようお願い致します。
※商品先物取引は、元本及び利益が保証されるものではなく、取引額が取引証拠金に比べ最高でおよそ40倍と大きいため、損失額が取引証拠金の額を上回るリスクもあります。
※取引証拠金の額は一枚当たり18,000円から210,000円となります。但し、その後の相場変動によって追加預託が必要になる事もありますので注意が必要です。又、手数料は一枚当り最高で18,270円(税込)となりますが、こちらも相場の変動により変更される場合もあります。
※当社の企業情報は当社本・支店ほか、日本商品先物取引協会でご覧になれます。
※当社お客様相談窓口(東京)0120-770-266、日本商品先物取引協会相談センター(東京)03-3664-6243




               商品取引員 日本商品先物取引協会会員
                    第一商品株式会社  広島支店





プロフィール

hiroshima

Author:hiroshima
商品取引員 
日本商品先物取引協会会員
第一商品株式会社 広島支店
hi</p></dd>
		<dd style=

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
注意事項
※当ブログで提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。 掲載内容については、相場の見通しの確実性を保証するものではありません。 投資される場合は投資家の皆様ご自身の判断と責任にてお願い致します。
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -