FC2ブログ

分析するという事について (1・ 何を指標にするか?)

1 何を指標にするか?

だいたい相場をする人なら指標にしているものがあるはずだ。テクニカルなり、ファンダメンタルなり。

その頼りにする指標を見つけるのに何年もかかった人もいるだろう。

私の場合はテクニカルな指標の組み合わせを使っているのだが、このブログ上には出していない指標がある。

人によりそれは違っているだろうが、ここ一番の方向転換には自分の頼りとするものを用意したい。

それがあれば、人の意見や考えでふらつくはずもないだろうし、またそれを人に話す必要もない。へたに話して意見に惑わされたら、それこそ上手くいくものも下手を打ってしまうだろう。

その頼りとすべき指標を、たえず良きものへと磨き続けていく。良きものに、良きものに、良きものに。。。。。そういった姿勢が大きく花開くことになるはずだ。


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
↑      ↑     
応援クリックお願いします。 


               商品取引員 日本商品先物取引協会会員
                    第一商品株式会社  広島支店
スポンサーサイト



勝負の別れめ

新システムの初日、やはり多少の混乱はあった。
が、総じて相場は強かった。
穀物の強さと貴金属の上げで買いのポジションは一気に内容が良くなった。
夜間の貴金属も上げている。

相場への取組方にも色々あるが、大きく4つに分かれる。
順張り・逆張り・ミックス型。あとは日計り。

案外この事を意識せず取引している人が多い。

それらを意識して形にして行くのが相場の組み立てになるのだが、それを行き当たりばったりでやっていると利食い中心で因果玉だらけとなった。。。。。。。とかになる。

損切り大好き!とは言わないが勇気をもって、いらない玉 を捨てれるかは勝負の別れめに成るだろう。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
↑      ↑     
応援クリックお願いします。 


               商品取引員 日本商品先物取引協会会員
                    第一商品株式会社  広島支店
プロフィール

hiroshima

Author:hiroshima
商品取引員 
日本商品先物取引協会会員
第一商品株式会社 広島支店
hi</p></dd>
		<dd style=

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
注意事項
※当ブログで提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。 掲載内容については、相場の見通しの確実性を保証するものではありません。 投資される場合は投資家の皆様ご自身の判断と責任にてお願い致します。
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -