fc2ブログ

王翼 六韜(りくとう)から 3・天文・・・・3人

3・天文・・・・・・・・・3人

天文の役目だが、星現象と暦数を担当し気象の変化・日時の吉凶・天変地異・天心の動きの機微の察知。。。。。となっている。

特に実際の戦闘で雨風の影響は大きいだろう。雨が降ることが予想されていて、火責めを考えることはないし、急ぎの行軍にも気象の変化は命にかかわる。
諸葛孔明があらかじめ偏西風が吹くことを知っていてその風に火を乗せて攻め込んだ、赤壁の戦いでの例は有名だ。

相場で、天文について思うことは、アストロジャーやサイクルだが、物によって季節要因があることを押さえる必要があるだろう。
金なら10月の発会後に安値仕込み、来年の2月までの高値で売る。(需要の最盛期に向けて売る)等、習性やパターンをいろいろ集めておく。

また、過去高値、安値の日付をチェックしアニバーサリー(記念日)を知っておくことなど、暦数を知ることの考えにつながるかもしれない。

3・天文・・・・・・・・・3人とは、天文を知る方法も様々あり、自分に有利性をもたらすための方策だといえないか?

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
↑      ↑     
応援クリックお願いします。 


               商品取引員 日本商品先物取引協会会員
                    第一商品株式会社  広島支店
スポンサーサイト



王翼 六韜(りくとう)から 2・参謀・・・・5人

2・参謀・・・・・・・・・・・・・・・・5人

参謀の仕事は、安全か危急かの判断・善処、 各人の才能と行為の評定・賞罰などの論功行賞の役目。 となっている。

いかにも参謀という感じで、上策、中策、下策 を申し述べるシーンを時代劇でみるが、戦略や作戦のみならず、組織のシステム運営や、人事査定を決定するのは会社で言えば役員などに相当するだろう。

やはり個々では難しい判断や情勢分析を専門的に総合判断し、常に時代やマーケットの動きに目を光らせる。その中で適応できる人事の抜擢やチーム作りを提言する。知識や経験に裏付けられた運営や先見性に優れた人物像だろう。

太公望はそのような5人の参謀達が必要だといっている。なぜだろうか?様々な意見をもとに将軍は最良とおもう判断が出来る訳だ。

何かに似てはいないか・・・・・? そう各種の分析法の総合判断で、相場の対策を立てているかの様ではないか。

参謀にも 上 中 下のランクがあるだろうが、一人の参謀だけだと、片寄った結果しか出せず視野が狭くなるだろう。そこで、 2・参謀・・・・5人 とする事で様々な可能性を見出していこうとする事は理に適っている。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
↑      ↑     
応援クリックお願いします。 


               商品取引員 日本商品先物取引協会会員
                    第一商品株式会社  広島支店

王翼 六韜(りくとう)から 1・腹心の副将

1・腹心の副将・・・・・・・・・・1人

この職務は、謀議の際の手助け・危急の事件処理・天象を測る・異変解消・計略の総括・人民の生命保全の掌握。 となっている。

将軍のサブ なわけで、頼りになるべき男・役職 でなければならないはずだ。

しかも職務に忠実で、自分と一身同体の者が理想で。最も意見をしたり、聞いたりして自分を補佐する任にある。将軍不在のおりに判断をするのだ。

これは組織においては、会長や社長の次に実権のあるものということで分かりやすい。
この人の優劣によって下部組織の動きも変わってくるだろう。

投資する際におけるこの副将 とは何であろうか?実際に大変良いアドバイザーがいていろいろ助けてくれるというのなら、それに越したことはないがそういった人がいないとすれば、人民の生命・つまり投下資金を運用し守るもの・・・・・運用ルールに相当するかも知れない。

より良い運用ルールがいてくれれば心強い。その副将を鍛えることが(1・腹心の将)を得ることになるかもしれない。

2人でなく 1人 であるとは、真に判断すべき時の為にあるかも知れない。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
↑      ↑     
応援クリックお願いします。 


               商品取引員 日本商品先物取引協会会員
                    第一商品株式会社  広島支店

王翼 六韜(りくとう)から

六韜の 第18 王翼 から

武王が太公望に尋ねる。『軍隊を統率する際に、手足として補佐する者はどのようにするのか?』

太公望は答える。『将軍の采配に全てがかかっているが、手足となり羽翼となり働く72人が必要です。』と

その内訳は・・・・・・・

1・腹心の副将・・・・・・・・・・1人
2・参謀・・・・・・・・・・・・・・・・5人
3・天文・・・・・・・・・・・・・・・・3人
4・地理・・・・・・・・・・・・・・・・3人
5・兵法・・・・・・・・・・・・・・・・9人
6・兵糧隊長・・・・・・・・・・・・4人
7・切り込み隊長・・・・・・・・・4人
8・騎兵隊長・・・・・・・・・・・・3人
9・手足・・・・・・・・・・・・・・・・4人
10・知略(外交官)・・・・・・・2人
11・権謀家・・・・・・・・・・・・・3人
12・情報官・・・・・・・・・・・・・7人
13・爪・牙・・・・・・・・・・・・・・5人
14・宣伝隊長・・・・・・・・・・・4人
15・遊説官・・・・・・・・・・・・・8人
16・方術・・・・・・・・・・・・・・・2人
17・軍医官・・・・・・・・・・・・・3人
18・主計官・・・・・・・・・・・・・2人

計 72人となっている。会社組織にも、相場にも通じているかも知れない。これらについて考えてみたい。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
↑      ↑     
応援クリックお願いします。 


               商品取引員 日本商品先物取引協会会員
                    第一商品株式会社  広島支店


金が輝く時


より儲かるものと、より安全なものどちらをとるのか?

今の投資環境の底辺にはこの問いがあるだろう。

完全に先行きが読める人は別だが、たいていの人は安全な方を選ぶだろう。特に将来に対して不安が増すときには特にその傾向が顕著となりやすい。

円や金が買われる背景として金融不安がある。

円や金を除き、儲けようとする力は、たいていの相場を押し上げ、安全に向かう力は損切りとして下落させる力となる。昨年のサブ・プライムの記憶が真新しいのでなおさらだ。

兵法と相場 の項で書いたが、攻撃と防御だろう。これらにもいろいろなパターンがあり、自分なりの方法を考えねばならない。

理想は、攻撃即防御だ が、なかなかそうもいかないだろうけれども、金が輝く時は防御が即攻撃となるときだろう。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
↑      ↑     
応援クリックお願いします。 


               商品取引員 日本商品先物取引協会会員
                    第一商品株式会社  広島支店
プロフィール

hiroshima

Author:hiroshima
商品取引員 
日本商品先物取引協会会員
第一商品株式会社 広島支店
hi</p></dd>
		<dd style=

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
注意事項
※当ブログで提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。 掲載内容については、相場の見通しの確実性を保証するものではありません。 投資される場合は投資家の皆様ご自身の判断と責任にてお願い致します。
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31