スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風水と相場(地理四科)水法

さて水法だが、実はこの『水』 が風水でも「水を得るのが最も肝要」 と言われるくらい重要な要素だという事だ。
そして気と水の関連性に言及している。水はからだに流れる血液と同じで血のめぐりで体が健康だったり病気だったりする。動よりも静で深く凝集した水が、穴を潤しやすいということだ。
 またここでも各種の水の種分けが出てきて取り上げて考えれば面白そうだが、それはまたの機会ということにして、相場との関連を考えてみたい。
水ということで考えれば出来高や取組高をイメージするのだが、流れという事ではRSIやストキャスチックス等のオシレ?ター系チャートがでてくる。いずれにせよ相場の転換点をさがす目的で作られたものだが、「動よりも静で深く凝集した水」 ということで考えれば転換していない時にこそ注目する。とか、出来高にしても水がたたずむが如くにゆっくりした流れに注意する。といった発想になるか?
 そういったことと、今まで取り上げた、龍、穴、砂、等の関連性で相場を分析できたら面白いかもしれない。
 最後だが風水講義(三浦國雄著)の水法の項の最後に『明堂』 というのがでてくるのだが、これは本来儒教的用語で伝説上の聖王が政治をした場所のことだ。風水においては、すべてのパワー(気)や存在がそこへ収斂(しゅうれん)し、さらにそこから四方へと拡散していく場所のことだ。
その『明堂』 を相場的に見つけることが出来れば風水的発想も、中・長期の投資スタンスに大いに役立つだろう。

 にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
↑      ↑     
応援クリックお願いします。




               商品取引員 日本商品先物取引協会会員
                    第一商品株式会社  広島支店
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroshima

Author:hiroshima
商品取引員 
日本商品先物取引協会会員
第一商品株式会社 広島支店
hi</p></dd>
		<dd style=

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
注意事項
※当ブログで提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。 掲載内容については、相場の見通しの確実性を保証するものではありません。 投資される場合は投資家の皆様ご自身の判断と責任にてお願い致します。
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。