FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分析するという事について( 9・アプローチ)

9・ アプローチ

10人いれば10通りの相場へのアプローチがあるだろう。

そこで考えたいのが自分の考えと、他はどう考えてどう行動しているか? だ。

他が買いと考えて、右にならえで買って益出しできる時期もあれば、逆に 売りで大勝ちできるときもある訳で、その辺の違いを明確にしておく。

あと、他のことを全く考えず、相場に聞くやり方だ。これは大衆心理を読まないので価格によって自分のポジションのあり方を変化させる運用が必要だ。

多くは高ければ売り、安ければ買う逆張りが一般的だが、高ければ買い安ければ売る順張りもある。

相場圏が現在どこにいるかを考えてフォーメーションを変えるのが理想的だが自分のやり方に合った形での参加が望ましいので、通常買いしか考えない、という向きは大幅に下落しきった後で少し相場に元気がなくなった底値圏で。ということになる。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
↑      ↑     
応援クリックお願いします。 


               商品取引員 日本商品先物取引協会会員
                    第一商品株式会社  広島支店
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroshima

Author:hiroshima
商品取引員 
日本商品先物取引協会会員
第一商品株式会社 広島支店
hi</p></dd>
		<dd style=

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
注意事項
※当ブログで提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。 掲載内容については、相場の見通しの確実性を保証するものではありません。 投資される場合は投資家の皆様ご自身の判断と責任にてお願い致します。
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。