スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分析するという事について( 11・プレッシャー)

11・プレッシャー

買っていて下げれば、当然大変な心的プレッシャーを受ける。逆に売っていても上げればそうなる。

心的プレッシャーを受けなくするには、処分するか、逆のポジションをもつしかない。

そこで考えるのが中期的な見通しと損益だろう。そこで自分の分析が買いサインか?売りサインかに聞く。
相場の見通しと相場の張り方は別に出来るのは理想だが、なかなかそうもいかないだろう。
しかし見通しは買いでも、売りサインが出たなら売り始める。これができれば、長く相場に向き合うことができるはずだ。

それが損切りでもドテンでも両建てでもだ。

そういった時の判断にこそ、日々の 『分析するという事 』 が生きてくる。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
↑      ↑     
応援クリックお願いします。 


               商品取引員 日本商品先物取引協会会員
                    第一商品株式会社  広島支店
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroshima

Author:hiroshima
商品取引員 
日本商品先物取引協会会員
第一商品株式会社 広島支店
hi</p></dd>
		<dd style=

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
注意事項
※当ブログで提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。 掲載内容については、相場の見通しの確実性を保証するものではありません。 投資される場合は投資家の皆様ご自身の判断と責任にてお願い致します。
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。