スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分析するという事について( 12・ギャップ)

12・ギャップ


需要と供給のバランスによって価格は決まるのだが、市場では実勢の価格とかけ離れて安すぎたり、高すぎたりする。

後になったらそのギャップは埋まってくるとしても、現段階ではそれは予想にすぎない。

また新たな材料を織り込み過ぎて大きく下落したり、寝耳に水の動きをすることもある。

しかしながら、仮にそれが人為的なものとしたら、結局価格が元のさやにおさまり、一体なんだったのか?ということもある。

そこで価格の理論値を分析したりするのだが、これもその理論値そのものに変化が出て突然あらぬ方向にずれ始めることがある。

ではいったい何を頼りに動けばいいのか?だが、だからこそ自分の使う分析法がどちらを示唆するのかが大切になってくると思うのだ。


にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
↑      ↑     
応援クリックお願いします。 


               商品取引員 日本商品先物取引協会会員
                    第一商品株式会社  広島支店
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroshima

Author:hiroshima
商品取引員 
日本商品先物取引協会会員
第一商品株式会社 広島支店
hi</p></dd>
		<dd style=

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
注意事項
※当ブログで提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。 掲載内容については、相場の見通しの確実性を保証するものではありません。 投資される場合は投資家の皆様ご自身の判断と責任にてお願い致します。
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。