スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

分析するという事について(16・サイクルの変化 )

16・サイクルの変化

大きなサイクルと小さなサイクルの連なりでチャートが形成されている。

大きな波が上向きの時小さな波も上向きなら上げ方は大きくなりやすいし、その逆なら大きく下げていきやすい。

あとは大きな流れに沿って買いなり、売りなりを仕込み上手く処分できれば益が出せる訳だが、どうやらそこではもっと儲けたいという欲と戦い実益とする必要がある。

そこで益を伸ばしつつ確定する方法を考え、実行しなければならない。一つの方法として小分けに処分する方法がある。

または、終値からの下げ幅で処分する方法だ。どのようなほうほうでもいいが、実利を残し次に備えねば持ち金は限りがある。

それが出来れば、サイクルの急変で大きな波の変化時に、逆の向きに変えることも可能だろう。

にほんブログ村 先物取引ブログ 商品先物へ
↑      ↑     
応援クリックお願いします。 


               商品取引員 日本商品先物取引協会会員
                    第一商品株式会社  広島支店
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

hiroshima

Author:hiroshima
商品取引員 
日本商品先物取引協会会員
第一商品株式会社 広島支店
hi</p></dd>
		<dd style=

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリー
月別アーカイブ
最近の記事
最近のコメント
FC2カウンター
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
注意事項
※当ブログで提供するすべての情報について、許可なく転用・販売することを禁じます。 掲載内容については、相場の見通しの確実性を保証するものではありません。 投資される場合は投資家の皆様ご自身の判断と責任にてお願い致します。
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。